亀頭包皮炎の予防と治療法

 

亀頭包皮炎は簡単に言うと性器に炎症が起きている病気です。性器の先端部分である亀頭部分と包皮部分に炎症が起こります。亀頭包皮炎は性病によって引き起こされると思いがちですが、性行為だけでな日常生活の中で発症する事があります。原因として性行為の他に不潔な状態、包茎、洗い過ぎなどが挙げられます。そのため、1番の予防法は体を清潔に保つ事が大切です。しかし、カンジダ菌が原因で亀頭包皮炎を発症している場合は過度な洗浄はしてはいけません。石鹸を使い過度に性器を洗うとカンジダ菌の勢力を抑えている常在菌を殺菌してしまい亀頭包皮炎を発症する原因となります。包茎の方で炎症を繰り返している場合は手術を視野に入れる事が必要となります。包茎を改善する事によって炎症を予防する事ができる可能性があります。治療法はカンジダ性のものと細菌性のもので方法が異なります。カンジダ性の場合は抗真菌剤が配合された軟膏を使い治療を行います。細菌性の場合は抗生物質の内服薬と外用薬が処方され、かゆみがひどい場合はステロイドを含む塗り薬が処方されます。使用する薬が異なると症状が治まらないだけでなく、症状が悪化する可能性があるため、医師の指示に従って正しい治療をする事が必要です。

 

 

亀頭包皮炎の薬

 

亀頭包皮炎は原因菌によって使われる薬は異なります。亀頭包皮炎は亀頭部分と包皮部分の間にカスが溜まり、そこに細菌が異常増殖することによって引き起こされます。増殖するのは細菌の他にカンジダ菌というカビの一種が挙げられます。細菌による感染の場合は抗生物質とステロイド剤で治療を行います。抗生物質は内服するものと患部に塗るタイプが使われます。カンジダ菌が原因で発症している場合は抗真菌剤が含まれた軟膏を使い治療を行います。原因菌によって使う薬を分けないと治療しても効果が出なかったり症状が悪化してします要因となります。カンジダ菌の場合抗生物質やステロイド剤を使用すると逆効果となってしまいます。抗生物質はカビ菌以外の細菌を殺してしまうため、カンジダ菌の増殖を招きます。そのため、症状が悪化してしまうことになるのです。このような事にならないためにも亀頭包皮炎に感染したら自分の判断で市販されている薬は使用せず、泌尿器科や性病科に受診し医師の指示に従って原因菌にあった方法で治療を行う事が大切です。とはいっても中には忙しくてなかなか受診出来ない方もいるため、受診が難しい方は自宅で検査が出来る検査キットをお勧めします。

 

 

小さな子どもの「亀頭包皮炎」のケア

 

小さな子どもの性器の先は包皮に包まれた状態となっています。一般的な包茎と呼ばれる状態なので包皮と亀頭の間にそうしても垢や尿の残りが溜まりやすく炎症が起き亀頭包皮炎を発症しやすい状態となっています。さらに、小さな子どもは自分の性器を触っている事が多く、外で遊んだ後の汚れている手で触ってしまう事も少なくありません。赤ちゃんの場合おむつが蒸れてしまい発症することもあります。亀頭包皮炎は雑菌や細菌が増殖することによって引き起こされるので小さな子どもはなりやすい病気と言えます。小さな子どもが亀頭包皮炎を発症してしまった際のケアの方法としては基本的に性器を清潔に保つことで炎症は治まります。しかし、かゆみや痛みを訴える場合は小児かや泌尿器科に受診し治療薬を処方してもらう事になります。入浴の際には性器の先端の皮の部分を剥いて洗浄する事が望ましいですが子どもの場合は痛がる事もあるので、無理には洗浄せず先端だけ洗うだけでも効果はあります。さらに、汚れている手では触らないように言い聞かせる事も大切です。清潔に保ち汚れている手で触らなければ再発する事は少ないですが、何度も亀頭包皮炎を繰り返す場合は病院で専門の医師に相談する事も視野に入れておきましょう。

亀頭包皮炎の予防と治療法記事一覧

亀頭包皮炎とストレスの関係亀頭包皮炎には原因が主に2つあり、細菌によるものとカンジダによるものがあると考えられます。特に、カンジダ性の亀頭包皮炎の場合は、疲労やストレスなどが原因となって、カビの一種であるカンジダ菌が亀頭部分に炎症を起こすことがあります。カンジダ菌については、誰の体にもあるものですが、ストレスが多く精神的に健全でない状態が続くと、免疫機能が低下し、カンジダ菌などに感染しやすくなって...

亀頭包皮炎の痛みとかゆみ亀頭包皮炎は子供に多い症状と言われていますが、実際には大人でもなることがあります。最初にかゆみが症状として現れることになりますが、適切な対処をしないとやがて痛みに変わることもあるため注意が必要です。そんな亀頭包皮炎ですが、亀頭から包皮にかけての部位で発症する炎症であることからこの名前が付いています。どちらかと言えば包皮に炎症が発生することが多いのですが、同時に発生する場合も...

亀頭包皮炎は何科で診てもらえる?亀頭包皮炎は、亀頭や包皮が炎症を起こす病気です。痒みや痛み、発赤、ブツブツが出来る等の症状の他、進行すると、化膿して膿が出る事もあります。子供から大人まで、かかる事のあるポピュラーな病気です。どのような事が原因で起きるのでしょうか?また、何科を受診したら良いのでしょうか?原因は、一つだけではなく、様々な場合があります。第一に、細菌の感染によるものです。包茎の場合など...

恥ずかしい亀頭包皮炎を市販薬で治したいカンジダ性亀頭包皮炎になってしまったときには、清潔にしようと考えて石鹸で洗ってしまいがちですが悪化するので、絶対に行ってはいけない行為で、お湯などで洗う程度にしておき病院で診てもらうことが一番です。しかし、医師に診せることが恥ずかしい場合には、市販されている薬を使うことで改善の期待がもてます。様々な軟膏が売られていますが亀頭包皮炎専用として出されている薬はなく...

亀頭包皮炎の治療と料金亀頭包皮炎は、性器に炎症を起こします。また包茎の人がなりやすい病気になっていますので、保険適用ができないと勘違いする方も多いですが、そのようなことはなく保険を使うことができます。よって安心して治療を行う環境がありますので、料金のことを心配せずにまずは泌尿器科に行くようにしてください。亀頭包皮炎の治療は、軟膏やクリームで行います。亀頭包皮炎は細菌やカビであるカンジダによって引き...

亀頭包皮炎になったら泌尿器科に行こう亀頭包皮炎は、男性器に炎症が起こり、かゆみが起こったり、痛みが起こる病気です。この病気を放っておくと、炎症がひどくなったり、かゆみなどの症状がより強くなってしまうのでなるべく早めに治療をすることが大事になってきます。中には、どの科で治療を受ければよいのかわかならいという人もいるかもしれませんが、亀頭包皮炎の治療をするような場合は、泌尿器科に行って治療をすることに...

カンジダが陰部に感染した場合の症状カンジダは、カビの一種である、カンジダ属の真菌が原因となって起こる病気で、女性に多いのが特徴です。性行為の際にパートナーから感染することもありますが、もともとは腟内、腸管など、人の体内にある菌で、体調を崩すなどのきっかけで、起こることがあります。女性の場合は、腟と外陰部に同時に症状があらわれることが多く、外陰部や腟にかゆみがあったり、ヨーグルト状のおりものが増加す...