ペニスの痒みや赤みの原因は様々です。

 

細菌が皮膚に付着したり、傷口に入り込んだりして炎症が起きていることもありますし、カンジダ菌というカビが付着して根付き、炎症を起こしていることもあります。

 

それぞれそのままですが、細菌性亀頭包皮炎とか、カンジダ性亀頭包皮炎とか呼ばれます。

 

ペニスの皮の部分が痒いとか、亀頭のカリのあたりに痒み、赤み、痛みを感じるのであれば、何らかの菌が入り込んでしまったという確率が高そうです。

 

さらに、亀頭部分が白くカサカサしているとか、恥垢(いわゆるチンカス)が増えているのであれば、カンジダ性の亀頭包皮炎である確率が高いです。

 

加えて包茎なのだという事情でしたら、それが原因となってカンジダ菌が繁殖したと考えられます。カンジダ菌はカビなので、亀頭が包皮に覆われていると繁殖しやすいのです。

 

細菌でも包茎で繁殖しやすいのは同じですが、恥垢がやけに増える、亀頭が白いなどの特徴的な症状があるなら、カンジダの可能性が高いと言えるでしょう。

 

もしカンジダ性の亀頭包皮炎であるなら、病院に行かなくとも、市販のお薬で治すことができます。

 

ただし、治す手段があるというだけで、自己判断や自分で何とか治そうとするのは危険も伴うということはよくご理解ください。

 

恥ずかしい気持ちは分かりますが、ペニスに異変を感じるなら病院へ!悪化して、あちゃあちゃ、なんで放っておいたのって言われる方がずっと恥ずかしいです!

 

目次

・細菌性の亀頭包皮炎だったら?
・病院に行きたくない人はまだ症状が軽いのかも…
・ファンガソープEXで悪化予防
・ロテュリミンAFとファンガソープEXで何とかなるかも
・病院に行く勇気を蓄えつつ、お大事に

 

 

細菌性の亀頭包皮炎だったら?

カスが増えるとか、亀頭が白っぽくカサカサしてるとか、カンジダっぽい症状はないなー。

 

どちらかというと、かぶれたみたいな感じで痒くて、赤くて、ブツブツしてる感じがする、というのでしたら、細菌性の亀頭包皮炎の可能性の方が高いかもしれません。

 

この場合も自分で治す方法はあるのか。

 

細菌に対して効果的な軟膏をドラッグストアなどで手に入れて様子を見ることもできるとは思いますが、適当にお薬を使うのはやはり危険が伴います。

 

たまたまお薬が効果的ならば良いですが、怖いのはカンジダ性亀頭包皮炎も発症していた場合です。細菌の殺菌は出来てもカンジダ菌が殺菌できなければ結果的にカンジダを繁殖させ、症状を悪化させてしまう危険性があります。

 

初期の症状であればカンジダ性亀頭包皮炎よりは細菌性の亀頭包皮炎の方が自然治癒の可能性が高いですから、あまり症状が酷くないのなら、あまり余計なことはせず、患部を清潔に保ち、様子を見ることをおすすめします。

 

病院に行きたくない人はまだ症状が軽いのかも…
病院にはできれば行きたくないし、何とか自分で治療できないかな…と考えているのなら、もしかしたらまだあまり危機感を感じるような症状ではないのではないでしょうか。

 

ペニスの異変は些細なことでも相当恐ろしいものです。医師とは言え他人にペニスの異変を打ち明け、見せることになるのは恥ずかしいですし、色々な不安にも襲われるでしょう。

 

でもこれはやばい!という領域になれば、我々はなりふりかまわぬという感じですぐにでも病院に駆け込むものではないでしょうか。

 

ということは、今このページを見てよく症状を調べている状態は、言わばまだ余裕がある状態なのかもしれません。痒いしちょっと様子は変だけど、見るからにヤバいという状況ではない、のではないですか?

 

反対に、明らかにヤバいのに病院に行かずどうにか自宅で治す方法はと考えている方は、相当病院に行きたくないのでしょう。

 

もしくは病院に行けない事情があるのかもしれません。

 

包茎が恥ずかしくて、ということですから、清潔を保つのが難しくて症状が酷くなっているという側面があると思います。どうしても清潔さや乾燥を保つのが難しく、ちょっとした菌の感染がたちまち悪化を許してしまう理由になっている。

 

この状況でおすすめするのは、細菌にも真菌にも殺菌効果を発揮する薬用ソープです。

 

ファンガソープEXで悪化予防

ファンガソープEXという、天然の殺菌効果を持つティーツリーを主成分とした薬用ソープが、亀頭包皮炎の様子を見る段階ではおすすめです。

 

亀頭包皮炎を患った場合、患部の清潔を保つことが大事ですが、普通の石鹸では細菌ばかりを洗い流してしまい、カンジダ菌だけを残してしまいます。

 

これでは繁殖を抑止する勢力が居ないので、カンジダ菌にとって都合の良い環境が整ってしまう。

 

つまり、清潔にすべきとは言っても、石鹸で患部を洗うとカンジダが悪化するのです。

 

この危険性は、適当に殺菌効果のある軟膏を使ってしまった場合にも通じるものがあるでしょう。自己判断で適当な処置をしてしまうと、かえって悪化することがあるのです。

 

だからこそ、安全策として真菌まで殺菌して洗い流せる薬用ソープを利用することがおすすめなのです。

 

もちろん、これは決して治療薬ではないということはよく心得ておく必要があります。治療薬ではありませんから、仮に症状が軽くなったとしても、また何かの拍子に悪化ということは十分にあります。

 

初期症状の場合であれば自然と症状が治まっていくこともあるかもしれませんが、特にカンジダ菌は、専用のお薬を使わなければ皮膚に根付いている菌まで積極的に退治することはできないと思っていてください。

 

ファンガソープが無い状態であれば、流水で洗い流す程度にして様子を見る、ファンガソープが届いたら、何度か使ってみて様子を見る。

 

それで駄目だったら大人しく病院に行く。

 

これが慎重な対応です。

 

ロテュリミンAFとファンガソープEXで何とかなるかも

これは明らかにカンジダだ、もしくは、カンジダの確率がとても高いと感じる場合は、
ロテュリミンAFという専用薬があるので、これが治療に使えます。

 

ただし、病院に行かずに治療するということは、やはりそれなりにリスクを伴うことだと思っていてください。

 

包茎を見せるのが嫌で病院に行きたくないという気持ちは理解できても、やはり病院としては、そんなことで病院に来ず、結果的に悪化した状態でやって来られた方が残念な気持ちになるでしょう。

 

ただ、病院に行きたくないという気持ちを最大限に尊重するとしたら、ロテュリミンAFとファンガソープEXで何とかなると思いますよと言いたいところではあります。

 

症状が軽い細菌性の亀頭包皮炎であれば、ファンガソープEXで清潔を保っておけばそのうち治るだろうと思いますし、カンジダ性亀頭包皮炎であればロテュリミンAFがよく効くので、病院に行く前に、試しに塗ってみても良いんじゃないかとも思います。

 

結果的に病院に行かなくて済むならラッキー、ということで、一件落着でも良いのではないでしょうか。

 

病院に行く勇気を蓄えつつ、お大事に

亀頭包皮炎が日に日に悪化してしまってどうしようもない。

 

もしくは、性感染症にかかっている可能性がある。

 

このような場合は、問答無用で病院に行くべきだと思いますし、そういう場合ならどれだけ病院に行きたくない、自分のモノを見せたくないと言ってもさすがに行く気になるでしょう。

 

ペニスが痒かったり赤かったり、亀頭の色味がおかしかったりと色々あると思いますが、ご自分の判断で、焦って病院に行く必要はないと感じるなら、治療法や治療薬の情報をもとに試してみるのも一つの手ではあるでしょう。

 

くれぐれも慎重に、そして今後もペニスの異常とは縁があるかもしれませんから、今のペニスに異変と焦りを原動力に、腹を括って病院に行く勇気を蓄えつつ、どうぞお大事にしてください。

更新履歴