恥ずかしい亀頭包皮炎を市販薬で治したい

 

カンジダ性亀頭包皮炎になってしまったときには、清潔にしようと考えて石鹸で洗ってしまいがちですが悪化するので、絶対に行ってはいけない行為で、お湯などで洗う程度にしておき病院で診てもらうことが一番です。しかし、医師に診せることが恥ずかしい場合には、市販されている薬を使うことで改善の期待がもてます。

 

様々な軟膏が売られていますが亀頭包皮炎専用として出されている薬はなく、水虫などの菌を殺菌するものが多いです。中でもカンジダに効くものでないと亀頭包皮炎の改善が望めません。抗真菌剤の塗り薬を選ぶようにして、痛みやかゆみなど炎症の症状が重い人は、ステロイドが含有されているものを選ぶべきです。真菌・カンジダ菌に特化している軟膏だと記されている場合もあり、それらを参考にして選ぶと良いです。薬を塗るときは綺麗に陰部を洗った後に濡れたまま塗ってしまうと不衛生ですから、タオルなどで湿気を拭き取り、できるだけ乾燥してから塗るようにします。このとき、手も清潔にしておくことが大切です。

 

同じような症状でも、カンジダ菌が原因ではなく炎症を起こす場合があります。軟膏を塗り続けても効果が実感できない時にはやはり市販薬ではなく、医師の診察を受けて処方してもらった薬を使ったほうが良いです。

 

 

 

 

亀頭包皮炎は自然回復する?

 

病気には多くの種類がありますが、中でも特に性器に関わる病気は、恥ずかしさからなかなか他人に相談しにくいものです。そんな性器に生じる病気の一つで男性に起こりやすいものに、亀頭包皮炎というものがあります。これは男性器の亀頭から包皮の部分に炎症が起こる症状のことで、主な原因としては黄色ブドウ球菌、大腸菌などの雑菌やカンジダが挙げられます。性交や自慰行為、お風呂での洗いすぎ、下着との摩擦などが原因で男性器に小さな傷がついてしまい、そこから雑菌などが入り込んで感染するのです。これは性器が湿った状態になりやすい包茎の人に多く、また性行為による性病とは異なるものなので、子供にも生じることが少なくありません。
亀頭包皮炎の主な症状としては、炎症を起こした部分が赤く腫れたり、痛みやかゆみが生じたり、白い垢が出たりなどが挙げられます。その主の治療法は雑菌が原因であれば抗生物質を配合した塗り薬や内服薬の使用など、またカンジダが原因なら抗真菌剤の塗り薬の使用などです。
では亀頭包皮炎は自然回復するものなのでしょうか。結論から言えば、症状が軽い場合であれば自然回復することもあります。しかし放置したことで悪化させてしまうと治療が困難になってしまうことがあるため、症状が出たなら医師の診断を受ける方が望ましいと言えます。