カンジダが陰部に感染した場合の症状

 

カンジダは、カビの一種である、カンジダ属の真菌が原因となって起こる病気で、女性に多いのが特徴です。
性行為の際にパートナーから感染することもありますが、もともとは腟内、腸管など、人の体内にある菌で、体調を崩すなどのきっかけで、起こることがあります。
女性の場合は、腟と外陰部に同時に症状があらわれることが多く、外陰部や腟にかゆみがあったり、ヨーグルト状のおりものが増加するなどの症状が起こります。
また性器の炎症により、熱や痛みを感じたり、性交の際に痛みがあったり、排尿障害が起こる場合もあるので厄介です。
ストレスや疲労、風邪などで免疫力が低下したり、ステロイド剤や抗生物質を濫用したり、妊娠などで症状が起こることがあり、再発を繰り返す人もいます。
性行為で感染するとはいえ、性病とはまた違うもので、この病気になったときに性行為を行うと、症状を悪化させるとともにパートナーに感染することもあるので、避けるようにしてください。
男性に症状が出ることは少ないですが、包茎の人はなりやすく、女性と同じようにかゆみなどの症状が出やすくなります。
健康的な生活を行って免疫力の低下を防ぎ、通気性の悪い下着や洋服を着用しないようにすれば、早く治すことが出来ます。

 

 

亀頭包皮炎と白血球の数

 

亀頭包皮炎は2種類あり、ひとつは細菌性ともうひとつはカビの1種であるカンジダ性のものになります。大人の亀頭包皮炎は、カビの一種であるカンジダ性が原因で引き起こすことが多く、治りにくくそして再発しやすい炎症が特徴です。しかししっかりした知識を持って、治療に臨むことで充分完治できる炎症になりますので、根気よく治療を続けましょう。

 

治療が困難になるケースとして白血球と密接した関係があります。もともと細菌とカビは人間の体に常駐しているものであり、免疫がしっかりしているときは、何ら悪さをすることがありません。また細菌とカビがいつも対抗している関係です。しかし疲れたり睡眠不足で免疫が落ちることで、バランスが悪くなりどちらかが悪さをすることで、亀頭包皮炎を引き起こすことがあります。

 

白血球はカビに対抗することができませんので、炎症が起きた場合白血球が動き始めますが、対抗するのは細菌だけになり、ここでカビの独壇場になります。よってカビだけが繁殖し亀頭包皮炎が治らない状態が続くのです。これに対抗するのは、抗真菌剤になりますので、医師の指導の下しっかりと患部に塗布することが重要です。また陰茎を必要以上に綺麗にしすぎることで、かえって炎症が酷くなることもあります。