亀頭包皮炎の治療と料金

 

亀頭包皮炎は、性器に炎症を起こします。また包茎の人がなりやすい病気になっていますので、保険適用ができないと勘違いする方も多いですが、そのようなことはなく保険を使うことができます。よって安心して治療を行う環境がありますので、料金のことを心配せずにまずは泌尿器科に行くようにしてください。

 

亀頭包皮炎の治療は、軟膏やクリームで行います。亀頭包皮炎は細菌やカビであるカンジダによって引き起こされますので、その種類によって軟膏やクリームを使い分けていきます。細菌やカンジダというものは、誰でも持っているものですので、免疫力が落ちた場合でも引き起こされることがあります。よって治りにくく、再発しやすい炎症として知られています。また細菌性のものとカンジダ性を同時に併発することもありますので、その場合は2種類の治療薬を用いて治療を行います。

 

医師の診察は問診や視診を行うことが多いですが、再発を繰り返したり、治りにくい場合は細菌とカビの種類を特定するために顕微鏡検査や膿を培養して検査をすることもあります。まれに自然治癒することもありますが、放置しておくと悪化しやすい環境になりますので、そうなると陰茎ガンの危険性もありますから注意が必要です。

 

 

カンジダ性亀頭包皮炎は早めの判断が治療期間を分ける

 

カンジダ性包皮炎に判断が誤っていれば、せっかく医療機関を受診しても効果のある治療薬を手にすることができなくなってしまいます。カンジダはカビの一種のため、一般的なパイ菌を排除するような薬では意味がありません。

 

効果の高いものを求めるのであれば、培養検査などを受けるのも必要になります。視診だけでは意味がないかもしれないということを知っておくだけでも、カンジダ性包皮炎の否かの鑑別診断を積極的に受けるという流れになるのではないでしょうか。

 

水虫の薬として利用されている軟膏が、カンジダ性包皮炎には効果的です。皮膚の深部に根を張っているカンジダ菌に対処できなければ、表面上の対処にしかならないのです。

 

まずは清潔に保ちつつ、薬を使って早期改善を図ることが、カンジダ性包皮炎の攻略となります。石鹸で一生懸命綺麗にするというだけでは不十分であり、菌を何とかしなければなりません。それが、早期改善に対する最低限の環境となるのです。

 

見た目にはあまり顕著な症状がなくても、痒みや痛みを少しでも感じているのであれば、カンジダ性亀頭包皮炎と見越して治療をスタートするのも重要です。早めの判断から、被害を最小限にとどめることもできるのです。