亀頭包皮炎は自宅で治ります。
亀頭包皮炎を自宅で治せる市販薬

亀頭包皮炎(カンジダ)って何?

 

亀頭包皮炎が何かと思う人も多いですが、男性器の亀頭と包皮が炎症を起こして、赤く腫れ上がる、ただれる、ぶつぶつが出来るなど様々な状態になるものです。

 

原因とされるのはカンジダ、細菌、ヘルペスといったもので、性感染症として起こることもあれば、大衆浴場などで感染することもあるので、感染経路を絞ることはできず、いつの間にか感染していたということもあります。

 

亀頭包皮炎で特に多いのはカンジダで、通常は誰もが持っている常在菌ですが、免疫によって抑えられているので、通常は発症することがありません。

 

しかし、免疫力の低下や激しいマスターベーションによって男性器が傷つくと、その傷から入り込み根を張ることがあります。

 

発症すると亀頭から包皮にかけて白いカスや炎症が見られ、激しいかゆみや排尿痛などを伴い、稀に尿道炎を起こすこともあります。

 

カンジダはカビの一種なので、性器のような高温多湿になりやすい部位では、カンジダが増殖しやすいので、亀頭包皮炎を確認したら早めの治療が大切です。

 

包茎の人では治療してもすぐに再発することがあるので、何度も感染したり包皮炎が深刻な場合は、包茎手術が必要になることもあります。治療方法は亀頭でも包皮でも同じで、塗り薬の抗真菌薬を使います。

 

 

亀頭包皮炎の治療上の悩み

 

ペニスが痒い亀頭包皮炎の治療上の悩みとして治療薬の効果がなかなか現れないとい事が挙げられます。

 

カンジダ菌が原因で亀頭包皮炎を発症している場合は抗真菌剤が配合された軟膏を患部に塗布しますが、症状がなかなか改善しない場合は種類を変えると同時に内服薬を服用する事も検討されます。

 

症状が改善されない場合薬の変更と共に日常生活の改善も必要となります。亀頭包皮炎は患部が不潔な時、洗い過ぎた時、免疫力が低下した時等さまざまな場合に発症します。

 

そのため、免疫力を上げる事や清潔に保つこと、患部を洗い過ぎない事に気を付ける必要があります。また、包茎の方は亀頭包皮炎を繰り返してしまう傾向にあります。

 

包茎は雑菌や細菌が溜まりやすく、薬で治療をしてもすぐに雑菌が増殖し症状が再び出てきてしまいます。包茎の方は炎症を繰り返す場合、手術を検討することが必要となります。

 

また、症状が治まったからと言って自分の判断で治療をやめてはいけません。細菌やカンジダ菌は皮膚表面が殺菌されても皮膚の奥まで根をはっているので完治する前に治療をやめると再び活性化するようになります。

 

再発しないようにするためにも完治の判断は医師にまかせ、OKが出るまで治療を続ける事が大切です。

 

 

亀頭包皮炎と仮性包茎

 

男性器に痒みがあって気になる、排尿時に痛みがあるなどの症状にお悩みの方はいらっしゃいませんか。

 

もしかしたらその症状は亀頭包皮炎が原因で引き起こされている症状かもしれません。

 

カンジダ亀頭包皮炎とは雑菌や真菌が原因で発症してしまう病気で、大人や子どもなど年齢に関係なく発症する可能性があります。

 

 

一般的に多いとされている亀頭包皮炎は雑菌が原因で発症するケースがほとんどで、免疫力のある健康な男性であれば自然治癒で十分に完治する可能性があります。

 

しかし、真菌が原因で発症する亀頭包皮炎の場合は真菌を減らさない限り治る事はありません。

 

特に包茎の男性は男性器が不衛生になりやすく亀頭包皮炎を発症するリスクが高いです。

 

亀頭が包皮に包み込まれていると包皮と亀頭の間が湿りやすく、雑菌の繁殖を手助けする環境ができてしまいます。

 

真性包茎の男性は亀頭を露出させる事ができませんので、亀頭を露出できる男性よりも炎症を引き起こしやすくなってしまいます。

 

また繰り返し何度も炎症を引き起こしてしまうと重大な病気を引き起こす可能性があり危険です。

 

ですので亀頭を露出する事ができない真性包茎の方はすぐにでも治療を開始する必要があります。

 

仮性包茎の場合は真性包茎とは違い亀頭を露出する事が可能ですが常時亀頭を露出している方よりも包皮に包まれている時間が長く亀頭が不衛生になりやすいです。

 

排尿時や入浴時など亀頭を露出できる機会を増やし、入浴時には亀頭と包皮の内部を綺麗に洗っておく必要があります。

 

カンジタ性亀頭包皮炎は自宅で治ります。

亀頭包皮炎を自宅で治せる市販薬